スポンサーサイト

  • 2012.03.14 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    映画「愛する人」〜ネタバレ版〜

    • 1959.08.24 Monday
    • 16:28
    JUGEMテーマ:最近みた映画

    愛する人



    *******************************************************************


    ◇ あらすじ ◇
    年老いた母親を介護し、毎日忙しく働いているカレン(アネット・ベニング)。そんな彼女には、14歳で妊娠・出産するものの、やむを得ず子どもを手放した過去があった。一方、母を知らずに育ち、弁護士としての輝かしいキャリアを持つ37歳のエリザベス(ナオミ・ワッツ)は、思わぬ妊娠をきっかけに母への慕情を意識し始める。(シネマトゥデイ)


    *******************************************************************


    原題    : MOTHER AND CHILD
    製作年     : 2009年
    製作国     : アメリカ・スペイン
    上映時間  : 126分 
    監督      : ロドリゴ・ガルシア
    キャスト   : ナオミ・ワッツ/アネット・ベニング/ケリー・ワシントン/ジミー・スミッツ/ サミュエル・L・ジャクソン

    *******************************************************************


    母と娘

    何組の母と娘が出てきたのだろう。


    生まれてすぐに生き別れたカレン、エリザベス母娘を軸に描かれる。
    そして不妊のため養子をもらい受けたいと願うルーシーも並行して描かれている。


    未成年の妊娠、不妊、養子縁組、介護、予期せぬ妊娠・・・。
    様々なエピソードが描かれている。


    引き離された親子は、それぞれに独身を通し仕事をする女として生きている。
    そして共に周りとの人間関係を築かずに生きている。


    「その場面その場面で心を動かされながら観ていたのに、書き残そうとするのが難しい。」



    >>>ネタがバレます・・・多分・・・だから→以下へ



    同じ時間を生きながらも会えない母(カレン)と娘(エリザベス)。


    私はカレンの母親との関係を見ていて、かなり切なくなった。
    年齢も近く自分を重ねていたように思う。


    彼女はずっと母親に不満を持ちながら生きていたのだろう。
    甘えたかったけれど、エリザベスを産んでからはそれも出来なかったのだろう。
    もっと不満なのは自分に向けるはずの言葉を家政婦にもらし、カレンに何も言わないまま逝ってしまったこと。
    人生において、思い通りにいかないことは沢山ある。
    でも謝らずとも、「そのことを気にしていた」ということを知りたかったのだ。
    それも本人の口から聞きたい。
    たとえ一言でも。


    ただ母親の気持ちを知った辺りから、自分の気持ちに素直になった彼女。
    止まっていた人生を、漸く柔らかくなった心で歩き出したんだと思う。

     

    片やずっと一人で生きてきたエリザベス。
    一人でいいと思ってきた彼女が、妊娠することによって変わる。
    彼女が自然分娩にこだわり、子どもを産む実感を得たかったのも、母への想いもあったのだろう。
    盲目の少女の言葉に耳を傾けるのも同じだ。


    そしてもう一人の女性・・・ルーシー。
    彼女の母親との関係。
    母親は不妊に悩むルーシーに対し配慮に欠ける言葉を吐いたりする。
    でも最後の最後、子どもの夜泣きに自信を失くし、半狂乱になる彼女を叱りつけるシーンに、母の愛情を感じる。
    「子育てするのは、あなたが人類初なの!?」


    子どもを産む。引き取る。
    形は様々だけれど、子どもを子どもとして意識することから親子が始まるんだと・・・そんな風に思える一言だった。



    いや〜〜〜纏まりに欠ける感想。
    これって、ネタバレ記事になるのかな〜?
    それすらワカラナイ。
    でも観てよかったと思える映画だった。
    それは観ている間に、たくさん心で感じて頭で考えたから。


    *******************************************************************


     ◇今日は何の日? 〜携帯電話辞書より〜◇ 2月2日
            頭痛の日 
     (・・;) まさか2(ツー)2(ツー)で 頭痛とか言わないですよね? 


    *******************************************************************   ◇ ランキングバナーに応援クリックを下さると励みになります ◇
         ☆コメントも是非是非お気軽に残して下さい☆

        映画ブログ

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    LOGPI!!

    クリック募金



    クリックで救える命がある。
    クリックで救える命がある。


    東北関東大震災 緊急支援クリック募金 ユナイテッドピープル基金

    blogram

    使ってます♪

    おうちCO-OPバナー . お世話になってます!
    おうちCO-OP

    気になるものは…

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    【送料無料】阪急電車
    【送料無料】阪急電車 (JUGEMレビュー »)
    「阪急電車」このタイトルに懐かしさを感じて読みました。駅ごとの短編。それぞれの登場人物の触れ合いにも、心が惹かれます。

    recommend

    【25%OFF】[DVD] 虹の女神 Rainbow Song(期間限定)
    【25%OFF】[DVD] 虹の女神 Rainbow Song(期間限定) (JUGEMレビュー »)
    何でこんなに涙が出るんだろう。
    女の子(元女の子を含む)は、かなりの率で涙を流すだろう。
    かつての自分の恋を重ねたりして…。

    recommend

    【送料無料】ぼくを葬る/メルヴィル・プポー[DVD]【返品種別A】【smtb-k】【w2】
    【送料無料】ぼくを葬る/メルヴィル・プポー[DVD]【返品種別A】【smtb-k】【w2】 (JUGEMレビュー »)
    「ぼくを葬る」この邦題があまりにもぴたりとこの映画を表していると思う。映像も音も淡々と流れるなか、生と死を深く考えさせられる。

    recommend

    [ワールド・チルドレン・シネマ]13歳の夏に僕は生まれた
    [ワールド・チルドレン・シネマ]13歳の夏に僕は生まれた (JUGEMレビュー »)
    不安定で宙ぶらりん、大人と子どもが混在する時期。大人への成長期、何を見て、何を体験し、何を感じるのか?
    そんな「13歳」が主人公の映画…。

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM