スポンサーサイト

  • 2012.03.14 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    年末は、焦るばかり

    • 2010.12.20 Monday
    • 14:12
    今日は暖かい陽気。

    師走も半分以上過ぎてるなんて…分かってはいても、やることをやってない。

    それで焦るとは何たること?

    先ずは年賀状…何もしていない。


    そして大掃除。

    年末ゴミ収集日とニラメッコしながら、少しずつ、少しずつ。
    でも、捗ってはおらず(..;)

    冷蔵庫の中も減らしつつ掃除しなきゃ、入れるべきものが入らない。

    毎年、夫の実家で過ごす年末年始。
    でも今年は自宅で過ごす予定。
    お正月らしいこと、しなきゃダメかな!?

    年末の商店街は混むから大変。
    少しでも安いものを調達したいと、集まってくる。

    そう言えば、商店街を娘と歩いたら、魚屋のおじさん達のテンションが違った(¨;)

    やっぱり若さには適わない(-o-;)

    *********************************************************
      
      ◇今日の花言葉 〜携帯電話辞書より〜◇ 12月20日
             カトレヤ 優雅な婦人

    *********************************************************  
       ◇ 大それたことにランキングに参加しております ◇
        ♪  応援クリックを下さると励みになります ♪
         ☆コメントも是非是非お気軽に残してください☆

    ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

    blogram投票ボタン

    スポンサーサイト

    • 2012.03.14 Wednesday
    • 14:12
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << April 2018 >>

      LOGPI!!

      クリック募金



      クリックで救える命がある。
      クリックで救える命がある。


      東北関東大震災 緊急支援クリック募金 ユナイテッドピープル基金

      blogram

      使ってます♪

      おうちCO-OPバナー . お世話になってます!
      おうちCO-OP

      気になるものは…

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      【送料無料】阪急電車
      【送料無料】阪急電車 (JUGEMレビュー »)
      「阪急電車」このタイトルに懐かしさを感じて読みました。駅ごとの短編。それぞれの登場人物の触れ合いにも、心が惹かれます。

      recommend

      【25%OFF】[DVD] 虹の女神 Rainbow Song(期間限定)
      【25%OFF】[DVD] 虹の女神 Rainbow Song(期間限定) (JUGEMレビュー »)
      何でこんなに涙が出るんだろう。
      女の子(元女の子を含む)は、かなりの率で涙を流すだろう。
      かつての自分の恋を重ねたりして…。

      recommend

      【送料無料】ぼくを葬る/メルヴィル・プポー[DVD]【返品種別A】【smtb-k】【w2】
      【送料無料】ぼくを葬る/メルヴィル・プポー[DVD]【返品種別A】【smtb-k】【w2】 (JUGEMレビュー »)
      「ぼくを葬る」この邦題があまりにもぴたりとこの映画を表していると思う。映像も音も淡々と流れるなか、生と死を深く考えさせられる。

      recommend

      [ワールド・チルドレン・シネマ]13歳の夏に僕は生まれた
      [ワールド・チルドレン・シネマ]13歳の夏に僕は生まれた (JUGEMレビュー »)
      不安定で宙ぶらりん、大人と子どもが混在する時期。大人への成長期、何を見て、何を体験し、何を感じるのか?
      そんな「13歳」が主人公の映画…。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM