スポンサーサイト

  • 2012.03.14 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    映画「クレアモントホテル」

    • 2011.02.15 Tuesday
    • 21:11
    JUGEMテーマ:最近みた映画


    早起きした日、かなり疲れた仕事の日。
    念願だったこの映画を観に行った。
    ついでに観る映画ではなかった。
    冒頭、少しうつらうつらしてしまった。
    ストーリーにかかわらなければ良いのだけれど…。
    もっと早く観に行っていたら、「もう一度」があったかもしれない。 
     

    クレアモントホテル

     
    *******************************************************************

    ◇ あらすじ ◇
     ロンドンの街角にある長期滞在型のホテル「クレアモント」では、人生の終着点に近づいた人たちが暮らしていた。それぞれに孤独ながらも遊び心を忘れない滞在客たちの一人、パルフリー夫人(ジョーン・プロウライト)は、ある日、小説家志望の青年ルード(ルパート・フレンド)に孫のふりをしてほしいと頼む。(シネマトゥデイ)


    *******************************************************************


    原題    : MRS PALFREY AT THE CLAREMONT
    製作年     : 2005年
    製作国     : アメリカ/イギリス
    上映時間  : 108分 
    監督      : ダイ・アイアランド
    原作    : エリザベス・テイラー
    キャスト   : ジョーン・プロウライト/ルパート・フレンド/アンナ・マッセイ/ロバート・ラング/ゾーイ・タッパー/クレア・ヒギンズ


    *******************************************************************


    このクレアモントホテルの住人は個性派ぞろい。
    ホテルへの電話や来客には興味津々。
    それだけ、それぞれは寂しさを抱えているのだろう。
    そんな中、新しい住人サラと彼女の孫息子(と誤解している)ルードに住人たちの意識は集中。


    サラとルードは、街で偶然(★)出会う。
    怪我をしたサラをルードが助けたのが縁だ。


    人生、いかに生きるか。


    周りに目を向け、その時その時を大切に。
    どんな年になっても友人を得るということが、どんなにうれしいか。


    「価値観が合う」という言葉があるが、それとはちょっと違う。
    「同じ温度」とか「同じ空気感」を持っているというのが近い感覚かもしれない。


    心が共鳴しあう友を得るとは、なんと羨ましい。
    なんと幸せだろう。
    孫ほどの年の差があろうとも、詩を諳んじたり、思い出を話したり、楽しみや時間をを共有できる…なんて素敵なことだろう。


    サラの言う「偶然」「運命」は切欠でしかないという言葉に心から頷けた。
    日々を大切に、「機会」を感じとれる心の目を持って、生きられたら…そんなふうに思った。

    *******************************************************************

    そもそも、この映画を知ったのは「岩波ホール」のホームページ。
    行ったことのない映画館で、私の行動半径からは外れていたので迷ったけれど、写真にあったルード(ルパード・フレンド)の笑顔に引き寄せられて見に行った。
    これも、出会い…映画との。

    この映画館は心地よかったです。
    大抵、エンドロールが流れ始めると、席を立つ人に余韻を持って行かれるのが常たっだけど、ここの観客は違った。
    良い映画館に出会ったのかもしれない。


    さてもう少し書き残したいことがあるのだけれど、この先は備忘録に記そうか…。


         ♪遊びにきて下さって、ありがとうございます♪

    *******************************************************************
      
      ◇今日は何の日? 〜携帯電話辞書より〜◇ 2月15日
               春一番の日

    *******************************************************************  
       ランキングバナーに応援クリックを下さると励みになります ◇
         ☆コメントも是非是非お気軽に残して下さい☆

    映画ブログ 映画劇場鑑賞

    スポンサーサイト

    • 2012.03.14 Wednesday
    • 21:11
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      >DORINさま

      寒い間は降らせておこうと思います(^^♪
      いつもと雰囲気が違って飽きないし…。

      この映画を観ているときは、気持ちが温かくなったり、自分を省みたり、心地よい時間でした。
      私の中ではランクが上です!

      映画カテゴリーを利用して下されば嬉しいです。
      励みになるし…。
      この映画は、DVDになれば私ももう一度観たいです。
      • M&M
      • 2011/02/16 8:37 PM
      >ぱせりさま

      映画好きだと、ふらりと観に行きたいですよね!
      気負って行くぞーじゃなくて…。

      シネコンは電車1本で行けるのですが、この映画は上映館が1つしかなかったので、気負って頑張りました(笑)

      やっぱり独りの時間は日常を忘れさせてくれるので、嬉しいです。
      • M&M
      • 2011/02/16 8:32 PM
      今日は雪が降ってる〜
      なんだか素敵(*^_^*)
      昨日のハートとは、また違って
      好きです♪

      しんしん・・・って聞こえそう。。。

      M&Mさんのブログに合いますね♪
      私のには合わないだろうな〜(笑)

      映画。
      これもまた面白そう!

      いつも観たいな〜と思ってる映画も
      時が経つと忘れてしまって観れない事が多いのです^^;
      でもこちらにくれば映画のカテゴリーを見れば良いので
      助かります(*^^)v


      • DORIN
      • 2011/02/15 9:56 PM
      いいなぁ こうして映画を見られる環境が 近いって♪

      私も 映画好きなんだけど…なかなか…   ^^;
      態々 見に行かなきゃって 感じかなー

      あの 大きなスクリーンで 独ptりの時間って いいですよねー!
      pt
      • ぱせり
      • 2011/02/15 7:27 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      282930    
      << June 2020 >>

      LOGPI!!

      クリック募金



      クリックで救える命がある。
      クリックで救える命がある。


      東北関東大震災 緊急支援クリック募金 ユナイテッドピープル基金

      blogram

      使ってます♪

      おうちCO-OPバナー . お世話になってます!
      おうちCO-OP

      気になるものは…

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      【送料無料】阪急電車
      【送料無料】阪急電車 (JUGEMレビュー »)
      「阪急電車」このタイトルに懐かしさを感じて読みました。駅ごとの短編。それぞれの登場人物の触れ合いにも、心が惹かれます。

      recommend

      【25%OFF】[DVD] 虹の女神 Rainbow Song(期間限定)
      【25%OFF】[DVD] 虹の女神 Rainbow Song(期間限定) (JUGEMレビュー »)
      何でこんなに涙が出るんだろう。
      女の子(元女の子を含む)は、かなりの率で涙を流すだろう。
      かつての自分の恋を重ねたりして…。

      recommend

      【送料無料】ぼくを葬る/メルヴィル・プポー[DVD]【返品種別A】【smtb-k】【w2】
      【送料無料】ぼくを葬る/メルヴィル・プポー[DVD]【返品種別A】【smtb-k】【w2】 (JUGEMレビュー »)
      「ぼくを葬る」この邦題があまりにもぴたりとこの映画を表していると思う。映像も音も淡々と流れるなか、生と死を深く考えさせられる。

      recommend

      [ワールド・チルドレン・シネマ]13歳の夏に僕は生まれた
      [ワールド・チルドレン・シネマ]13歳の夏に僕は生まれた (JUGEMレビュー »)
      不安定で宙ぶらりん、大人と子どもが混在する時期。大人への成長期、何を見て、何を体験し、何を感じるのか?
      そんな「13歳」が主人公の映画…。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM