スポンサーサイト

  • 2012.03.14 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    今日のお弁当 〜 春野菜を使って 〜

    • 2012.02.28 Tuesday
    • 16:30
    春はまだまだ来てくれないようです。
    今年ほど春を待ち遠しく感じたことはないかもしれません。

    さて、今日のお弁当です。



    〈 今日のメニュー 〉

    ◇ 揚げシウマイ
    ◇ 小海老と春野菜の蒸しもの
    ◇ 卵焼き

    春にんじんと春キャベツを使いました。
    小海老は、冷凍のサラダ用。
    解凍してそのまま使えます。
    今日は、耐熱皿…と言ってもココット皿…に、海老を入れピーラーして適当に切った人参、ざく切りキャベツをのせて、レンジでチン。
    ラップの前に、塩胡椒と少量のオリーブオイルを垂らします。

    簡単だけど、結構美味しい。
    春キャベツって、春に獲れるからこの名前じゃないんですよね。
    確か種類の名前だったような…。

    2月もあと1日。
    時の経つのは早いです。


    スポンサーサイト

    • 2012.03.14 Wednesday
    • 16:30
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      >ペガサスママさま

      早く本物の春が待たれるところですが、気持ちだけでも…。
      明日から3月。
      春よ来い! ですね。
      • M&M
      • 2012/02/29 1:53 PM
      お弁当の彩にも春を感じますね〜
      早く暖かくなって欲しいです
      • ペガサスママ
      • 2012/02/29 12:40 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << July 2017 >>

      LOGPI!!

      クリック募金



      クリックで救える命がある。
      クリックで救える命がある。


      東北関東大震災 緊急支援クリック募金 ユナイテッドピープル基金

      blogram

      使ってます♪

      おうちCO-OPバナー . お世話になってます!
      おうちCO-OP

      気になるものは…

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      【送料無料】阪急電車
      【送料無料】阪急電車 (JUGEMレビュー »)
      「阪急電車」このタイトルに懐かしさを感じて読みました。駅ごとの短編。それぞれの登場人物の触れ合いにも、心が惹かれます。

      recommend

      【25%OFF】[DVD] 虹の女神 Rainbow Song(期間限定)
      【25%OFF】[DVD] 虹の女神 Rainbow Song(期間限定) (JUGEMレビュー »)
      何でこんなに涙が出るんだろう。
      女の子(元女の子を含む)は、かなりの率で涙を流すだろう。
      かつての自分の恋を重ねたりして…。

      recommend

      【送料無料】ぼくを葬る/メルヴィル・プポー[DVD]【返品種別A】【smtb-k】【w2】
      【送料無料】ぼくを葬る/メルヴィル・プポー[DVD]【返品種別A】【smtb-k】【w2】 (JUGEMレビュー »)
      「ぼくを葬る」この邦題があまりにもぴたりとこの映画を表していると思う。映像も音も淡々と流れるなか、生と死を深く考えさせられる。

      recommend

      [ワールド・チルドレン・シネマ]13歳の夏に僕は生まれた
      [ワールド・チルドレン・シネマ]13歳の夏に僕は生まれた (JUGEMレビュー »)
      不安定で宙ぶらりん、大人と子どもが混在する時期。大人への成長期、何を見て、何を体験し、何を感じるのか?
      そんな「13歳」が主人公の映画…。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM